検索

高度な検索
オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
カウンター
今日 : 2
昨日 : 40
総計 : 602612
English

English Here by excite

スポンサードリンク

<< プレゼントキャンペーンの企画書・提案書、作成代行いたします5
スマホに変わっていくポイントシステム >>

2014年2月19日(水曜日)

プレゼントキャンペーンの企画書・提案書、作成代行いたします6

カテゴリー: - hagiri @ 07時50分29秒

以前のエントリーで、「プレゼントキャンペーンの企画にあたっては、目的、ターゲットの明確化、テーマの設定、魅力的な景品・賞品の選定、応募実施要領の工夫、告知メディアの選択などをトータルに考える必要があります」と書きました。

実際に、プレゼントキャンペーンを企画する際には、この手順の通り、目的を考え、ターゲットを明確にして、テーマを決め、という順番で行うことがスタンダードです。しかし、いつも必ずそうする必要があるわけではありません。

むしろ、企画立案する際には、いろいろなところから行うほうが、多くのアイデアを出すことができます。

例えば、今流行っているものをプレゼントするというように、景品アイテムから企画することがあります。人気アイテムを提示することで、キャンペーンに惹きつけようということです。例えば、今ならノンフライヤープレゼントといった具合です。

この場合でも、ターゲットに景品が合っているということは必須ですし、もちろん、競合するメーカーの製品をプレゼントするわけにはいきません。というように、いくつかの制約はあります。

また、テーマ設定も、キャンペーンに合わせて工夫すべきです。例えば、地元スーパーが実施するノンフライヤープレゼントなら、テーマは「賢い主婦グッズ」というように設定できます。この場合は、ターゲット、関連性が明確なのでテーマ設定もしやすいですが、保険会社や旅行会社ならどうするか、提供する商品やサービスにふわしいテーマになるように、もっと工夫が必要でしょう。

実施方法からキャンペーンを企画することもあります。例えば、スクラッチカードをやりたいとか。最近ならIT活用でしょうか。ソーシャルギフトのように、送り主からプレゼントを送られる人にスマホに直接プレゼントするようなしくみを、うまく使うなどです。

場所も重要です。実施地域は全国なのか、地域なのか。できるだけ多くのチャネル、メディアでやるのか、特定のチャネル、メディアでやるのか。地域やチャネル、メディアを限定すればするほど、目的は絞られているはずで、実施内容や予算などに影響してきます。

どこから企画を考えるかは、企画する人次第ですが、よいプレゼントキャンペーンの企画を立てるには、1から考えるほか、いろいろな視点から考えてみるほうがベターです。たくさんアイデアが出てきますし、思いがけないアイデアも出てきやすくなります。結果として、最初に述べたようにトータルに完成できればよいのです。

私どもでは、プレゼントキャンペーン企画、ならびにプレゼントキャンペーンの企画書・提案書を作成代行いたします。特にプレゼントキャンペーン企画になれていない企業様は、ご相談ください。


企画書・提案書作成代行サービス

入札企画書・入札提案書作成サービス

パワポチラシ・DM作成サービス

<< プレゼントキャンペーンの企画書・提案書、作成代行いたします5
スマホに変わっていくポイントシステム >>

29 queries. 0.027 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

入札情報提供サービス

リレーションメイクは
『入札王』の
販売代理店です。

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索