検索

高度な検索
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
カウンター
今日 : 76
昨日 : 98
総計 : 806628
English

English Here by excite

スポンサードリンク

<< 高崎の文部科学省以外の放射線の数値を調べてみる
いろいろあるね、プレゼンツール >>

2011年6月13日(月曜日)

企画書とスライドプレゼン

カテゴリー: - hagiri @ 07時48分50秒

スティーブジョブスのプレゼンとiPadのせいでしょうか、最近、プレゼンテーションにおいて、企画書に対してスライドプレゼンが勢いを増しているようです。

書籍も、スライドプレゼン関係の本が多く出てきています。

アマゾン スライドプレゼンの本

楽天 ★スライドプレゼンの本★

とくに、アイレップの河合浩之さんの本『すごプレ』。動画スライドプレゼンもここまでできるようになったのか、と思わせるものになっています。

すごプレ
by カエレバ

パワーポイントは、もともと企画書作成ソフトではなく、プレゼンテーション作成ソフトです。本来の用途として使われるようになってきたということでしょうか。

ただ、現状、パワポで企画書を作るのは間違っているわけではないので、企画書派とスライドプレゼン派に明確に分かれてきたといえるかもしれません。両者は、似ているようで実はまるで違うものです。両立することはできますが、両立するのはそう簡単ではありません。たとえれば、小説家が映画監督をかねるようなものです。

簡単な動きをつけるだけならだれでもすぐにできると思いますが、訴求したいことに合わせた魅せる動きをつけられるかどうか。

あと、音声のノウハウも必要ですね。音があるのとないのでは、スライドの訴求力がまるで違います。音も的確に使用できるかどうか。

スライドプレゼンは、商品ライフサイクル的にいえば、成長期に突入したのかもしれません。


企画書・提案書作成代行サービス

入札企画書・入札提案書作成サービス

パワポチラシ・DM作成サービス

<< 高崎の文部科学省以外の放射線の数値を調べてみる
いろいろあるね、プレゼンツール >>

29 queries. 0.033 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

入札情報提供サービス

リレーションメイクは
『入札王』の
販売代理店です。

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索