検索

高度な検索
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
カウンター
今日 : 158
昨日 : 155
総計 : 869917

<< 視力回復
著者としての電子出版 >>

2010年12月8日(水曜日)

ペニーオークションのしくみ、内容

カテゴリー: - hagiri @ 10時39分17秒

■新感覚オークション、ペニーオークションとは?

新しい感覚のオークションサイトが増えています。「ペニーオークション」と呼ばれています。アメリカやヨーロッパで流行って、日本では2009年の夏頃からオープンし始めました。

新製品を激安で落札できますが、入札に参加するためには、一定のペニーやコイン、ゴールド(お金です。呼び方はサイトによって異なります)が必要で、落札できなくても、コインは返還されません。

新製品が最大で99%OFFというキャッチフレーズをつけているサイトもあります。

オークションではなく、エンターテインメントショッピングというコンセプトを付けているサイトもあります。

■ペニーオークションのしくみと内容

サイトによって多少異なりますが、以下のようなしくみと内容で運営されています。

●登録が必要
●クレジットカード、銀行振込、電子マネーなどで、複数回以上入札に参加するためのペニーやコイン、ゴールドを購入する必要がある
●ヤフーオークションなどの通常のオークションでは、一般ユーザーが、中古、新品を出品するが、ペニーオークションは、サイト運営側が新品を出品する
●入札が増えるたびに金額が上がっていく(例えば、落札価格が1円ずつ上がる)
●入札終了までの残り時間が設定されているが、入札が増えるごとに一定の時間が延長される
●落札できなくても、ペニーやコイン、ゴールドは返却されない
●ペニーやコイン、ゴールドを消費しなくても参加できるオークションもある
●主に、デジタル製品、人気ブランド品の出品が多くなっている。健康器具、雑貨、食品までカテゴリーを拡げ扱っているサイトもある。サイトによって、取り扱い傾向が異なる

以上のしくみと内容で、新品の新製品が信じられないような低価格で落札できるというのがペニーオークションサイトです。

現在、多くのペニーオークションサイトがあります。

■ペニーオークションの注意点、問題点

一見すると、とても魅力的なペニーオークションです。ただ、このしくみをみればわかるように、明らかにギャンブル性があります。多数の入札者と1名の落札者。落札者以外の入札者は、商品を手に入れることができないのです。入札者が多ければ多いほど、確率は低くなるわけで、ギャンブル性も高くなるということです。

そして、ある人が、入札者が多い商品ばかり狙っていて、入札できない状況が続けば、モノを手に入れることができないという状況も起こり得ます。結局、お金だけがなくなって、通常のショップで定価で買ったほうが安上がりといったことになりかねません。

さらに、問題点として、運営側が落札に参加している可能性や、サクラを使って落札させているのではないか、運営側のプログラムで自動入札されている懸念などの指摘が、一部のサイトに対してなされています。具体的には、24時間落札し続けている人がいる、IDのつけ方が変、同じIDの人が高額商品をいくつも買っているというようなことです。

ただ、悪い評価は、ユーザー側の感覚により判断されているところが大きいので、その真偽のほどは外部から見る限りわかりません。お金を出して、落札できないとなると、通常の感覚ではなくなりますから、うがった見方もしてしまうでしょう。判断が難しいところです。

利用するのであれば、宝くじより当たる確率は高いけど、当たればラッキー程度のゲーム感覚で参加するのがよいと思われます。取り戻そうと思って、ギャンブルと同じようにどんどん突っ込んでしまう人もいるようです。そうなるとパチンコや競馬なんかと同じですよね。

ペニーオークションサイトも、結局は、ユーザーが参加したお金で、儲からなければ運営できないのです。パチンコ屋と原理は同じです。

■ペニーオークションサイトの選び方

それでも、激安価格で落札できるかもという、ペニーオークションの魅力は大きいものです。実際に、液晶テレビを数千円で落札できたという報告がいっぱいあるわけですから。

たくさんあるペニーオークションサイトの中から登録するところを選択するなら、言うまでもありませんが、安心で、信頼できるサイトでしょう。

まず、インターネットで検索して、評価、評判を調べること。サイト名や、サイト名+評価で検索します。あと、評価サイトも参考したり、ブログ検索を使ってより信頼性の高い情報を探すことです。サイトを運営しているのが、知っている企業やその関連会社が運営しているどうかもチェックしたいところです。

それでも、万全とはいえないと思います。万全でなくても、参加したいか、参加するか、どこかで判断することになります。最終的には、それは自分自身で決めることですね。

あと当然ですが、自分が落札したい商品が出品されているか。入札できなくても、また出品される可能性がありそうかは事前にチェックしておく必要があります。

■安全、安心と言われているペニーオークションサイトリスト

●激安オークション【バオバブ】


●激安ペニーオークション【パラディソ】


●商品充実度トップクラス!オークションサイト「ポケオク」



企画書・提案書作成代行サービス

入札企画書・入札提案書作成サービス

パワポチラシ・DM作成サービス

<< 視力回復
著者としての電子出版 >>

29 queries. 0.041 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索