検索

高度な検索
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 企画・企画書用語集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...
カウンター
今日 : 4
昨日 : 20
総計 : 591385
English

English Here by excite

スポンサードリンク

頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
すうぉっとぶんせき

SWOT分析

SWOT分析とは、企業がマーケティング戦略を立案する上で、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の点から、事業性の評価を行うこと。
SWOTは、自社の内部環境と外部環境の2つにわけて考える。
書類にすると、大抵は、横軸に内部環境と外部環境、縦軸にSWOTを配置したマトリックス表になる。
このSWOT分析は、厳密な分析というより、事業としての概要をつかみ、将来性があるかどうかを判断するために向いている。
例えば、「健康によいベジタブルビール」という商品開発を行うとする。
内部環境として、強みは「自社の技術が活用できる」、弱みは「値段が高くなる」、機会は・・・、脅威は・・・という状況を把握する。
外部環境として、「市場になく、画期的で健康嗜好のニーズに合う」が強みなら、弱みは「売り場での陳列スペースが確保しづらい」、機会は・・・、脅威は・・・と、抽出していく。
この結論は、「健康志向の強い人には高価格で売れる見込みが高いが、流通が弱く店頭化のためのプロモーションが重要。しかし、・・・」というような展開になる。
SWOTに影響する要因は、内部環境においては、技術、ノウハウ、人、資金など、外部環境においては、顧客、競合状況、流通環境、トレンド、規制のほか、もっと広く経済、社会、文化的な影響もある。
これらの状況をみて、自社の事業や商品の強みは何か、そして、最終的に勝てるのかの判断の材料にしていくのである。
関連記事:
参考文献:
関連サイト:

企画書作成サービス

企画書サンプル

Powered by Xwords  based on Wordbook
入札情報提供サービス

リレーションメイクは
『入札王』の
販売代理店です。

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索