検索

高度な検索
オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 企画・企画書用語集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...
カウンター
今日 : 14
昨日 : 16
総計 : 593453
English

English Here by excite

スポンサードリンク

頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
ごだぶりゅーいちえいち

5W1H

5W1Hとは、When(いつ)、Who(だれが)、Where(どこで)、What(何を)、Why(なぜ)の頭文字の5Wに、How(どのように)の頭文字Hをとって表したもの。
企画などを立案する際に、企画自体の可能性や将来性など、企画内容の価値を計るために必要な要素である。
通常の文章やニュースなど情報を伝えるときにも考慮される。
How much(いくらで)を加えた5W2Hというのもある。
さらに、How many(どのくらいの人数で)、How long(どのくらいの期間で)、How to(どのような手法で)という要素も加え、5W3H、5W4H、5W5Hで考えることもできる。
実際の企画作業からみれば、事前の必要な項目の洗い出しや事後のチェック作業として使える。
企画作業になれていない人なら、この要素にそって内容をつめていくことで、最低限の企画を行うことが可能である。
関連記事:
参考文献:
関連サイト:

企画書作成サービス

企画書サンプル

Powered by Xwords  based on Wordbook
入札情報提供サービス

リレーションメイクは
『入札王』の
販売代理店です。

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索