検索

高度な検索
オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 企画・企画書用語集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
カウンター
今日 : 223
昨日 : 358
総計 : 719335
English

English Here by excite

スポンサードリンク

頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
ぶるー・おーしゃんせんりゃく

ブルー・オーシャン戦略

ブルー・オーシャン戦略とは、競争のない市場を青い海に例え、その市場を創造するための考え方。
反対に、市場シェアを奪い合い、血みどろの戦いを繰り広げる市場のことをレッド・オーシャンと呼ぶ。
フランスの欧州経営大学院(INSEAD)の教授であるW・チャン・キム, レネ・モボルニュが著書『ブルー・オーシャン戦略−競争のない世界を創造する』(2005年、ランダムハウス講談社)の中で使い始めた。
基本的な考え方としては、事業はブルー・オーシャンでこそ高い収益の獲得と成長が可能であり、この市場をねらうべきであるというものである。
まず、市場の枠組みや顧客を新しい視点からみることができるバリューイノベーション(価値革新)を行う。
そのためには、自社が行うべきことをアクション・マトリクスで描きながら独自性を強化する。
そして、戦略キャンバスの中で、他社に対する優位性を検証、確立するというものである。
ブルー・オーシャンを実際に創造することは難しいが、考え方としてはシンプルである。
自社のビジネスにとって実際的なヒントや着眼点があれば、現実に実践可能な枠組みが示されている。
関連記事:
参考文献:
関連サイト:

企画書作成サービス

企画書サンプル

Powered by Xwords  based on Wordbook
入札情報提供サービス

リレーションメイクは
『入札王』の
販売代理店です。

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索