検索

高度な検索
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 企画・企画書用語集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
カウンター
今日 : 4
昨日 : 20
総計 : 591385
English

English Here by excite

スポンサードリンク

頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは、年齢、性別、国籍、個人の能力に関わらず、だれでも利用可能な製品や建造物、Webサイトなどのデザインのこと。
デザインという言葉に、普遍的、世界的を意味するユニバーサルがついているように、すべての人のためのデザインということである。
基本的な考え方は、1980年代、ユニバーサルデザインを提唱したアメリカ・ノースカロライナ州立大学のロナルド・メイス氏がまとめた、ユニバーサルデザイン7つの原則にまとめられる。
1. 誰でも使えて手にいれることが出来る(公平性)
2. 柔軟に使用できる(自由度)
3. 使い方が簡単にわかる(単純性)
4. 使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
5. 間違えても重大な結果にならない(安全性)
6. 少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
7. 使うときに適当な広さがある(スペースの確保)
あらゆる企業や組織が、ビジネスや活動においてユニバーサルデザインを考えることが望ましい。
そして、継続的に取り組み、製品などのユニバーサルデザイン性の完成度を高めていく必要がある。
積極的な取り組みを表明している企業としてはコクヨが有名。
ユニバーサルデザインの理念には、1人ひとりの個性を大切にしながら、だれもが安心して住める社会の実現がある。
関連記事:
参考文献:
関連サイト:

企画書作成サービス

企画書サンプル

Powered by Xwords  based on Wordbook
入札情報提供サービス

リレーションメイクは
『入札王』の
販売代理店です。

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索