検索

高度な検索
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 企画・企画書用語集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
カウンター
今日 : 73
昨日 : 136
総計 : 671311
English

English Here by excite

スポンサードリンク

頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
だんかいのせだい

団塊の世代

団塊の世代とは、1947年から1951年頃までに生まれた人々のこと。
1947年から1949年としたり、1953年までを含むこともある。
作家の堺屋太一が名付けた。
ベビーブームとも呼ばれる。
厚生労働省の統計によると、1947年から1949年生まれは約800万人、1年で250万人前後生まれており、その前後の世代が150万人前後であるのに比べるとその数は圧倒的に多い。
団塊の世代は、受験戦争、集団就職、学生運動、ジーパン、ニューミュージック、ニューファミリーなど、社会的、政治的、文化的な現象を起こし、関わってきているが、それが目立つのは、その数の多さゆえであるといえる。
その中で、価値観の多様化や、階層化なども起こっているともいわれている。
マーケティング対象としてみる場合、まず、そのボリュームに着目することになる。
基本的なとらえ方としては、ほかの世代と比較して、使用者、愛好者の比率が少なくても、マーケット自体が大きいということである。
電化製品や食品などのモノ、保険や外食などのサービス、ガーデニングやバイク、釣りなどの趣味というジャンルは関係ない。
それゆえに、ほとんどの業種・業態のビジネス展開において、団塊世代をどうするかを考えることが多くなるのである。
関連記事:
参考文献:
関連サイト:

企画書作成サービス

企画書サンプル

Powered by Xwords  based on Wordbook
入札情報提供サービス

リレーションメイクは
『入札王』の
販売代理店です。

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索