検索

高度な検索
オンライン状況
26 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...
カウンター
今日 : 1
昨日 : 21
総計 : 596379
English

English Here by excite

スポンサードリンク

<< 人の顔と名前を覚えるのは得意ですか?
プランナーの悩み >>

2004年5月25日(火曜日)

個人事業のターゲットは絞られているか?

カテゴリー: - hagiri @ 09時53分23秒

ターゲットを絞る−ごく例外的なケースを除いて、
どんなビジネスでも言えることです。

個人事業の場合でも、当たり前ですが、
この法則は当てはまります。

ただ、誰もが当たり前と思っているコトでも、
きちんと適切にターゲットが絞り込まれていて、
かつそのターゲットに対して、
的確なアプローチができているか、までいくと、
結構難しいモノがあります。

ターゲットを絞り込む場合、私のいる業界であれば、
以下のような切り口が考えられます。

1、自分の人的ネットワークの中で知人がいる企業
2、仕事が入ってくる見込みの高いポジションにある企業
3、自分が詳しい業種・業態の企業
4、自分が受注可能な規模の企業

1が一番見込み度が高いので、
私もそうでしたがが、そこから始めるコトになります。

2、3、4は、自分の戦略の話なので、
どれを選択してもよいはずですが、
私の経験では、2の可能性が高くなります。

ここで重要なことは、
ターゲットの切り口によって、
自分の攻め方を変えることです。

そして、
具体的に相手(ターゲット)をイメージすることです。

提案する際に、この企業に対して、
自分の何を、どのように提案するか、
このイメージが適切であれば、
ターゲットの選択も間違いではない、
といえます。

このイメージなしに、
やみくもに動いてみても、
ターゲットの選択ミスにつながり、
時間とテマの浪費につながることになるでしょう。


企画書・提案書作成代行サービス

入札企画書・入札提案書作成サービス

パワポチラシ・DM作成サービス

<< 人の顔と名前を覚えるのは得意ですか?
プランナーの悩み >>

29 queries. 0.028 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

入札情報提供サービス

リレーションメイクは
『入札王』の
販売代理店です。

代表ハギリのBlog
Blogカテゴリー
Blogアーカイブ
Blog検索